読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代フランス語では使われなくなった時制・単純過去(Passé simple)と前過去(Passé antérieur)

会話では知らなくてもまず困ることはないであろう単純過去

何故、今はもうほとんど使われなくなった、知らなくてもさしてフランス語を理解するのに困らないものの話をするのかというと、まず自分自身がこれは役に立つ、役に立たない、という基準以前に色々知るのが好きなこと、それからこれはどんなことにも言えることだと思うけれど、本来ピンポイントの知識などなく、例えばフランス語ならフランス語そのものの文法や単語だけでなく、フランスの歴史、文化、政治その他もろもろを知ることが結果的にフランス語を話す時に役立っているはずで、ここで話題にする単純過去接続法・半過去なども実際には使わなくともそういうものがあるということをちゃんと知っていることで自分が使うフランス語に深みが出る、こういう風に考えているからです。

 

と言っても単純過去は全く使われなくなったわけではなく時々ニュースや新聞の記事などで効果的に使われることがあります。

 

今日ではフランス語での過去の時制は「半過去(Imparfait)」と「複合過去(Passé composé)」のみになっているけれどここに単純過去(Passé simple)が加わります。

このうち、半過去(Imparfait)は英語にはない概念なのでちょっと今回は脇に置いておくとして、複合過去(Passé composé)は文法上の構造は英語の「現在完了have+過去分詞」と同じです。そして単純過去(Passé simple)は英語での動詞の活用、

go - went - gone 

の中の「went」に相当する活用です。

 

ポルトガル語では今でもこの単純過去はしっかりその地位を保っていて、単純過去を使う場面、複合過去を使う場面はかなりはっきり分かれています。

英語で過去形と現在完了でそれぞれに役割があるのと同じです。

フランス語では過去の概念は半過去(Imparfait)と複合過去(Passé composé)がほぼ100%担当します。では単純過去(Passé simple)の役目は?というと現在とは全く繋がりのない遠い過去を語る時、あるいは文体でのみ登場します。

 

まず être の単純過去の活用です。       そしてavoir の活用

je fus     nous fûmes                             j'eus            nous eûmes

tu fus     vous fûtes                               tu eus          vous eûtes

il fut       ils furent                                  il eut            ils eurent

かなり不思議な形に変わりますね。原型からは全く想像出来ません。

 

以下、規則動詞の単純過去の活用です。

-er動詞 -ai, -as, -a, -âmes, -âtes, -èrent

-ir動詞、及び -re動詞  -is, -is, -it, -îmes, -îtes, -irent

 

(例)

aller                                finir                                  entendre 

j'allai       nous allâmes     je finis   nous finîmes      j'entnendis   nous entendîmes

tu allas    vous allâtes      tu finis    vous finîtes        tu entendis   vous entenîtes

il alla       ils allèrent         il finit      ils finirent         il entendit      ils entendîrent

 

その他に当然不規則に活用する動詞があるのでそれは一つ一つ覚えるしかありません。

tenir → je tins, tu tins, il tint, nous tînmes, vous tîntes, ils tinrent

pouvoir → je pus, tu pus, il put, nous pûmes, vous pûtes, ils purent

venir → je vins, tu vins, il vint, nous vînmes, vous vîntes, ils vinrent

savoir → je sus, tu sus, il sut, nous sûmes, vous sûtes, ils surent

naître → je naquis, tu naquis, il naquit, nous naquîmes, vous naquîtes, ils naquirent

等々…

 

実際に文の中で使ってみると…

こんな感じになります。

  • Toutes ces occasions manquées ne nous laissèrent que des regrets. (laisser)
  • Malgré la foule compacte, tu parvins au pied du podium. (parvenir)
  • Devant notre hésitation, le vendeur nous consentit une réduction. (consentir)
  • Les amoureux inscrivirent leurs initiales sur le trône d'un chêne. (inscrire)
  • L'espion surprit un secret militaire en écoutant aux portes. (surprendre)
  • À l'issu du scrutin, les journalistes s'abstinrent de tout commentaire. (s'abstenir)
  • Après avoir hésité, Françoise décida de se couper les cheveux. (décider)

これら単純過去は全て現在では複合過去が使われます。

...ne nous ont laissé que des regrets

...tu es parvenu au pied du podium

...le vendeur nous a consenti une réduction

...les amoureux ont inscrit leurs initiales...

...l'espion a surpris un secret...

...les journalistes se sont abstenus de tout commentaire

...Françoise a décidé de se couper les cheveux

 

が、単純過去を使ってもフランス語として間違っているわけではありません。とても文学的な響きになります。時々、奇をてらって使ってみるのもいいかもしれませんよ。

単純過去とセット・「前過去」(Passé antérieur)

単純過去を覚えたらついでに前過去(Passé antérieur)も覚えましょう。本を読むと結構出てきます。

前過去(Passé antérieur)は être/avoir の単純過去と過去分詞を合わせた複合過去形で、単純過去が表す行為の直前に完了した行為を表します。

Dès qu'il eut fini de parler, il partit.  (= Dès qu'il avait fini de parler, il est parti.)

Quand elle eut écrit ses emails, elle les envoya.

                                                     (= Quand elle avait écrit ses emails, elle les a envoyés)

 

venir                                                      dormir

je fus venu(e)   nous fûmes venu(e)s      j'eus dormi         nous eûmes dormi

tu fus venu(e)  vous fûtes venu(e)s         tu eus dormi       vous eûtes dormi

il fut venu         ils furent venus                il eut dormi         ils eurent dormi

 

単純過去を覚えたらこれをもとに接続法・半過去(Subjontif imparfait)が作られます。

 

広告を非表示にする