ポルトガル語・数字 0~100

 

ポルトガル語の数字。フランス語の数字に比べたら筋が通っているかな。

まず基数から。

 

ポルトガル語の基数 (cardinal)

 0から20まで

0 zero(ル)

1 um/uma(ウン/マ)                       11 onze(ンズ)

2 dois/duas(イシュ/デゥアシュ)      12 doze(ズ)

3 três(トシュ)                               13 treze(トズ)

4 quatro(クトル)                           14 catorze/quatorze(キャルズ)

5 cinco(スィンク)                             15 quinze(ンズ)

6 seis(イシュ)                               16 dezasseis(デザイシュ)

7 sete(ツ)                                    17 dezassete(デザツ)

8 oito(イツ)                                 18 dezoito(デイツ)

9 nove(ヴ)                                   19 dezanove(デザヴ)

10 dez(シュ)                                20 vinte(ヴィンツ)

 

  • 1と2には男性形と女性形があり、後に来る名詞の性により形が変わります。

un homen / uma mulher(男性一人/女性一人)

dois homens / duas mulheres(男性二人/女性二人)

 

  • ブラジルでは16 dezesseis、17 dezessette、19 dezenoveと発音、綴りが異なります。

 

  • 幾つかの数字は、後に母音から始まる名詞が来ると音が繋がります。例えば1ユーロ、2ユーロとユーロが来ると(ポルトガル語でユーロはeuro(エーロ))、

2 euors : dois euros(ドイゼロシュ)

3 euros : três euros(トレゼロシュ)

5 euros : cinco euros(スィンケロシュ)

6 euros : seis euros(セイゼロシュ)

10 euros :  dez euros (デゼロシュ)

もしano(年)が来れば

11 anos : onze anos(オンノシュ)

12 anos : doze anos(ドノシュ)

13 anos : treze anos(トレノシュ)

15 anos : quinze anos(キンノシュ)

と、こんな感じです。

ちなみに、euro(ユーロ)、ano(年)は1 euro(1ユーロ)、1 ano(1年)以外は複数扱いで"s"が付きます。euros(エロシュ)、anos(ノシュ)。

 

21から100まで

21 vinte e un/uma(ヴィンティウン/ヴィンティウマ)

22 vinte e dois/duas(ヴィンティイシュ/ヴィンティデゥアシュ)

23 vinte e três(ヴィンティトシュ)

24 vinte e quatro(ヴィンティクトル)

30 trinta (トリンタ)

31 trinta e un/uma(トリンタ・イ・ウン/トリンタ・イ・ウマ)

32 trinta e dois/duas(トリンタ・イ・ドイシュ/トリンタ・イ・デゥアシュ)

33 trinta e três(トリンタ・イ・トレシュ)

40 quarenta(クアレンタ)

50 cinqüenta(スィンクエンタ)

60 sessenta(セッセンタ)

70 setenta(セッテンタ)

80 oitenta(オイテンタ)

90 noventa(ノヴェンタ)

100 cem(セン)/ cento(セントゥ)

 

  • 21以降は20と1、20と2…というように"e" で十の位と一の位を繋ぎます。
  • cem / cento

どちらも「百」を表しますが、cem は後に名詞が来る時、cento は101から199までの数字を表す時、及び cem por cento(%)で使われます。

cem anos (百年)

cem milhões(百万)

cem páginas(百ページ)…

cento e trinta e duas horas(132時間)

 

次回、101から上の数字です。

 

 

広告を非表示にする