ポルトガル語・動詞"estar"

今回は、英語やフランス語にはその違いが表れないないもう一つの存在を表す動詞、
"estar"(シュタール)です。

これも、英語のbe動詞、フランス語のêtreに相当します。

 

まず、最初に発音ですが、ポ・ポルトガル語では"es-"は多くの場合、「シュ」と発音されます。
なので"estar"は「シュタール」 。

ブ・ポルトガル語では素直に「エスタール」と発音されている、と思います。

 

直説法・現在形の活用は以下のようになります。

eu estou (シュ)
tu estás (シュシュ)
ele está (シュ)
nós estamos (シュモシュ)
vós estais (シュイシュ)
eles estão (シュオン)


基本的にこのように発音されるのですが、日常会話では、一人称単数、二人称単数、三人称単数は、ほぼ初めの"シュ"の音さえも省かれて、

estou ト
estás タシュ
está タ

と発音されます。

*********************************

幾つかの表現:

  • Come está? (コム シュ?) 元気?
  • Estou bem, obrigado(a). (シュト ベン。オブリドゥ *女性はオブリダ)

 元気です。ありがとう。

 

  • Já está! (ジャ シュ!)  完了!完成!もうやったよ。

 英語のIt's done. It's readyに近い表現。覚えておくととても役に立つ表現。

 

  • 電話に応答して、Estou? 「もしもし?」

 

*ついでにポルトガル語の「ありがとう」は:
(男)obrigado (オブリドゥ)
(女)obrigada (オブリダ)


男性が「ありがとう」と言う時は"obrigado"
女性が「ありがとう」と言う時は"obrigada"


他の言語には珍しく男性形・女性形があります。
これは"obligar"という動詞が形容詞化してできた単語であるため男性名詞・女性名詞の影響を受けているため、と思われます。

ただ、僕の耳が悪いのか結構女性でも頻繁に"obrigado"と言っているのを聞くので,

そんなに使い分けに神経質になる必要もないようです。

 

 

この動詞"estar"も必須の動詞です。

ただ、どうしてbe動詞にあたる動詞が"ser"、"estar"と2つ存在するのか。

その使い方の違いを次のブログで説明していこうと思います。

 

広告を非表示にする